赤ら顔の人にとって、洗顔はすごく重要です。洗顔の仕方が間違っていると、赤ら顔をさらに悪化させてしまいます。正しい洗顔の方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を知って、わずかでも気になる赤ら顔を改善できるようにしたいですね。赤ら顔の人は、顔の皮膚が薄く、刺激に弱いですから、クレンジングや洗顔料の選び方にも注意が必要です。洗浄力の強いクレンジングは、肌を必要以上に刺激して痛めてしまいますので、余分な添加物などの入っていない、天然成分由来のものを使用したいですね。それに、できれば界面活性剤の入っていないものを選ぶようにして下さい。また、肌に刺激を与える拭き取り式は避けて、洗い流せるタイプのものにし、こすらずに、クレンジングの成分を顔になじませる感じでやさしくメイクを溶かし込ませるようにします。洗顔料も肌の表面を保護しているセラミドや天然保湿因子を一緒に洗い流してしまうことのないよう、マイルドで肌に負担をかけないものを使用にして下さいね。ピーリング剤の入った洗顔料などは、絶対に利用しはいけません。洗顔をするときは、最初のうちはぬるま湯でしっかりと予洗いをする事。これをすることで、洗顔の泡が肌のきめ細かい部分まで入り込みやすくなるので、きれいに雑菌を落とすことができます。洗顔料は必ず泡たてネットを使って、タップリの泡で顔全体を包み込むようにして優しく洗います。すすぎは、ぬるま湯か水でたっぷりと。お湯ですすぐと、肌を乾燥させてバリア機能を落としてしまうので避けてください。最後に、タオルは顔をこすらずに、軽く水気を抑える感じで拭きとるようにしましょう。もちろん、いつも清潔なタオルを使って下さいねー